事業概要
FRP内面ライニング

工事施工の流れ

近年、既に設置している地下タンクの腐食の防止対策として、地下タンクの内面にFRP(Fiber Reinforced Plastics:強化プラスチック)ライニングを施工する技術が実用化されております。
FRP内面ライニングは、既に設置された地下貯蔵タンクに施工することが可能であり、タンクの交換と比較して費用負担が軽いという利点があります。
マンホールの設置されていないタンクについては、マンホールを設置する工事が必要となります。

施工の流れ

1.タンクから残油を抜き取ります。 1イメージ
2.人がタンク内に入り作業するための
  マンホールを設置します。
2イメージ
3.タンク内をクリーニングし、残ガスがないことを
  確認します。
2イメージ
4.タンク内鋼板を平滑にするための素地調整
  (ケレン)作業を行います。
2イメージ
5.FRPライニング施工を行います。 2イメージ
6.ライニングした膜厚及びピンホールの有無を
  確認します。
2イメージ
7.油を注入し使用を開始します。 2イメージ