事業概要
土壌・地下水浄化関連

土壌・地下水汚染の調査・浄化工事

石油など液体危険物を地下での鋼製容器に永く貯蔵することは、地中の状況により腐食し、重大な環境問題を引き起こします。最近では、地下タンク漏洩による原因の火災事故も発生しています。
また近年、有機塩素系・石油系物質、重金属といった有害物質による土壌・地下水汚染により、人体への影響が懸念されています。汚染の進行を食い止めるには汚染機構の解明と有害物質の除去が必要です。

土壌汚染・地下水汚染の地質調査

「汚染」を地層・地下水・地下空気の三形態汚染として捉え、単元調査法を基軸として機構解明技法により汚染メカニズムの確定。

地質調査 地質調査2

土壌汚染浄化・タンク再生法

当社は、最先端の技術を用いて、調査から対策までをより早く、確実に、ご満足頂けるサービスをローコストでご提供出来るシステムを確立。

優秀な技術による汚染土壌浄化

原位置酸化法
独自の酸化剤(特許取得済)を土壌中に注入し汚染物質を酸化分解。揮発性有機化合物(VOC)、石油系炭化水素(BTEXなど)、多環芳香族炭化水素類(PAHs)、シアン化合物の浄化に最適。環境省認可済で、他工法と比較して【安い・早い・確実!】

土壌汚染調査・メカニズム